MENU

頭皮の赤い人はハゲへの片道切符?

男性の半分以上がファッションの興味もありますが頭皮の心配や興味のほうが実はものすごく多いですよね。

 

特に自分は将来、禿げるのかとか、頭皮が薄くなっていないかと髪型など気にしながらも、毛のことが気になる人は多いと思います。

 

また、頭皮が赤い人や急に赤くなってきた人など「これはどういうこと?」と焦ってしまいますよね。

 

そもそも、頭皮って普段どんなものなのかもイマイチ理解していない人がほとんどだと思います。

 

どんな状態が普通でどんな状態が異常なのでしょうか?

 

頭皮とは

 

髪が健康な状態の人がいたら、一度見せてもらうとわかりやすいかもしれません。
頭皮の色は、普段の肌の色より少し白い肌の色をしています。
手や足などむき出しの肌は、紫外線などで焼けてしまうので、少し茶色い肌の色をしていると思いますが、頭皮は髪に守られているため、あまり紫外線を受けないので肌が白く、薄い肌の色をしています。

 

しかし、血流が悪くて白いのではないので、いたって健康な状態と言えます。

 

また、髪を短髪にしていたり坊主にしている人の頭皮は若干、紫外線で焼けているので肌より茶色か、毛の色などで青白い頭皮に見えたりもします。

 

なぜ頭皮が赤くなってしまうのか?

 

普段生活していると、忙しくて頭皮を見ていることがないので気にせずに過ごしていると、なんだか頭が痒かったりフケが気になるなとふと鏡で頭を見て頭皮の赤さに気づくことがあると思います。
普通に生活しているだけなのにいきなり頭皮が赤くなると、一瞬何事かと焦ってしまいますよね。
なぜ頭皮が赤くなるのでしょうか。原因は普通の生活の中にあることが多いのです。

 

シャンプ−が合わない

女性は髪質やきれいにしたいという一心でシャンプ−にこだわったり高いシャンプ−を試したりと試行錯誤しますが、男性は仕事に追われて見た目よりも、手早く洗って汚れさえ落ちればそれでいいと思ってしまいますよね。
そのため、シャンプ−もどんな違いがあるなどは構わず、安くても高くてもあまり変わらないだろうと思い、適当に使用してしまいがちです。しかし、肌には個人差があるので、シャンプ−の成分も合う合わないがあるのです。洗ったときに爽快感が欲しくてメンソ−ルの入ったシャンプ−などを選びがちですが、肌の弱い人が使うとメンソ−ルは肌の刺激となり頭皮へのストレスになってしまいます。
また、乾燥肌なのに油分をしっかり落としてしまう石鹸などで髪を毎日洗っていると、乾燥肌の頭皮からさらに油分を取られてしまうことになり、この場合も肌へのストレスは思う以上に実は大きいのです。

 

爪で頭皮を傷つけている

この場合も、例えば頭が痒いのでしっかりとシャンプ−で洗ってさっぱりしたいと爪を立ててゴシゴシ洗うと、かゆみも汚れも取れて一石二鳥と思ってしまうところですが、実はシャンプ−は爪で洗うのではなく、基本は指の背でやさしく洗うことが一番理想の洗い方なのです。
疲れていたり、早くお風呂から上がりたい一心でゴシゴシ洗ってしまうと、頭皮を傷つけてヒリヒリした感じが一見、メンソ−ルのようにさっぱりするような気になりますが、傷が痛んでいるだけなので頭皮にはかなりのダメ−ジを与えてしまうことになります。
さらにお風呂の熱いお湯などによって、傷口にさらに刺激とダメ−ジを与え、炎症がひどくなってしまうのです。

 

食事にも影響がある

よく、刺激物をあまり食べ過ぎると禿げてしまうといった言葉を聞いたことはありますか?
例えば、唐辛子やタバスコ、たまねぎや葱、キムチやカレ−など、刺激物を食べると毛穴が広がり発汗がよくなります。その汗をかくことで皮脂自体も過剰に分泌されることになります。
その皮脂によって毛穴が詰まってしまい薄げになったり抜けやすくなってしまうということなのです。
また、汗をかくとその汗によって雑菌が繁殖したり蒸れたりするので、皮膚の状態が悪くなり炎症を起こしてしまいます。また、食事が油っぽいものが好きな人などは血液がドロドロになり血流も悪くなります。そのために髪への栄養が届かなくなったりします。また、大食いのドカ食いをしてしまう人も要注意です。汗を大量にかいたり肥満になりやすく皮脂分泌が過剰になります。
寝る前の食事なども成長ホルモンの分泌を抑制してしまったり、外食などの添加物なんかも血液の質を低下させ血行不良や栄養不足にもなるので気をつけたいですね。

 

頭皮脂の分泌からみる生活習慣

 

皮膚は水分と脂分のバランスにより、うまく保たれています。
例えば、乾燥肌の人は肌に油分が足りないので、なるべく肌が乾燥しないように保湿成分のシャンプ−などを使ったりすることによって潤います。
逆に脂症の人は、余分な脂が出ないような食事に気を配ったり、余計な脂の汚れを落とすことで毛穴の詰まりを抑制したしして水分と脂のバランスを見ます。
外食や脂っぽい食事が多くなってきたなと思う人は、頭皮に指を入れてみるとすぐにわかります。
頭皮がベタついていたら、脂のとりすぎのサインが頭皮に出ているはずです。
また、不規則な生活をしていたり、運動不足の毎日を過ごしている場合も。体内の血行不良になり体全体が老化してしまい、栄養不足からくる免疫力の低下から頭皮がベタついてくることもあるので頭皮のサインは日常の警告やサインにもなります。

 

頭皮が赤くなると禿げるの?

 

頭皮がもともと赤い人や、人より少し赤いくらいの場合は、禿げる心配はないでしょう。
しかし、急に最近赤くなってきた場合や、頭皮が赤くてピリピリするといった頭皮の状態の場合は要注意です。それは頭皮の状態がよくないサインなのです。
例えば頭皮が赤くて痒い・ピリピリする・脂っぽい・熱っぽい・皮膚が突っ張った感じがする・頭皮が動かない・硬いなどの症状がある場合は、頭皮の炎症がおきている証拠です。
なぜ赤くなるのか、それは頭皮の傷から雑菌やカビなどが繁殖したり、炎症を起こして頭皮が赤くなって熱っぽくなってしまっているのです。
大半の原因はシャンプ−やリンスによる炎症反応が多いと言われています。

 

頭皮を健康的に戻すにはどうしたらいいの?

 

原因は雑菌やカビなどによる炎症や、シャンプ−やリンスが合わなくて炎症を起こすのが理由なのでとにかく、頭皮の日常のケアが大切です。例えば、汗を大量にかいてしまったときは、しっかりタオルなどで汗をふき取って雑菌の増殖を抑えたり、頭を爪で洗わずに指の背で優しく洗って頭皮に傷を作らないようにしたりお風呂上りの髪の毛を乾かすときのコツをしっかり覚えるといいと思います。

 

女性は髪が長いのでドライヤ−などでしっかり乾かすのですが、男性は短髪だったりするのでドライヤ−を使わない人が多いと思いますが、実はタオルだけではふき取れていない部分があるまま、寝てしまうと枕にはさまれて湿気がこもったままになるのでその部分にカビが生えてしまい、そのカビによって雑菌が増えて頭皮の炎症になることがあるのでお風呂上りはしっかりドライヤ−などで乾かすといった習慣をつけると、頭皮の炎症を抑えることができるので頭皮の健康が守られますので赤くなりません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

頭皮が急に赤くなるのは、シャンプ−やリンス、雑菌やカビなどの原因だということがわかりますよね。特にシャンプ−やリンスは毎日使っているものだし、使ってすぐに反応があれば分かりやすいのですが、実は原因はシャンプ−だということが、後になって分かることのほうが多いので最初から気づく人はなかなかいないものです。しかし、そういった症状になっているにもかかわらずに今まで通りシャンプ−を使っていたら、頭皮の炎症も手遅れになり最終は禿げてしまうというので怖いものですよね。

 

安心して使えるような炎症を抑える刺激の少ないシャンプ−があれば安心ですよね。

 

そこで、頭皮のお悩みを解決できるよう開発されたシャンプ−の「コラ−ジュフルフル」を一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

更新履歴